8月 24 2015

SONY MSX FDDベルトについて

Published by under 未分類

XVをヤフオクでおゆずりいただきました

 

案の定FDDベルト切れ

モビロンバンドで修復したが一部ソフトが動かない

2DDでフォーマットするとそっこー異常メッセージ

1DDフォーマットは正常終了

FDDドライブ上側のヘッドが駄目なったかとおもいいろいろするが修復に至らず

以前F1STで異常になった千石で購入したベルトへ再交換したところ何事もなく動作しだした。

キチンとまわっているように見えても、駄目なことが判明

きちんと80πのベルトをつかえていう事かー

SONY MSX FDDベルトについて はコメントを受け付けていません。

7月 31 2015

FM TOWNS CX100 メンテナンス

Published by under Computer

タウンズをオークションでお譲りいただきました。

電源部からの高周波音が発生していたので

コンデンサ交換を行った際の、メンテナンスのメモです

   
上部ねじ隠しカバーを開きねじを外します


全面FDD部パネル部分を、外します。

上部全面の大きな爪を後部に押し上げ、天井部分のパネルを取り外します。

ちなみにFDDは左右爪を押し下げれば抜けますが、かなり固いです。

マーティー以外のタウンズのFDDはベルトドライブ駆動ではないので、

故障している可能性は低いです、たいていはクリーニングメディアで復旧します。

    
上部パネル部分が外れると背面パネルを取り外す事が出来るようになります。

筐体内部に見える爪2カ所に注意しながら後部パネル部分を押し下げ外します。

    
FAN上部のコネクタからFAN電源を外します

 
FANはプラによって固定されていますが手前に引けば外れます。

ハードディスク搭載モデルなので100MのHDDが搭載されてます。

非搭載モデルは金具+金具に付属の専用ケーブルが必要になりますので素直に外部HDDを利用して下さい。

またこの金具は、最終機種まで同じデザインですが 厚みが違う場合があり入らないときもありますので注意

   
側面パネル部分を外します、爪は柔らかいのですぐ外れると思いますが、

リセットスイッチがパネル側に付いていますので、その前にCDROM後部より

リセットスイッチのケーブルを外しておいてください。

ネジ2本を外し、。拡張スロット押さえの金具を取り外します。

 
マザーボードを外します。

かなり固いのでマイナスドライバーなどを利用して基板に傷をつけないようにコネクタから外します。

この際、増設メモリは外して下さい、マザーボード引き抜き時に

メモリがフレーム当たります。

   
電源部とマザーボードがスライド式の金具で固定されています。

マザーボードを先に抜かないと電源部は正しく外れません。

電源部が先に外れたとしても、スライド式金具に当たり正しく戻す事ができません。

 
マザーボードが外れれば電源部は下部爪に気をつければ簡単に外れます。

   
電源基板にたどりつきましたが、その前に

外部電源コネクタ部を金属パネルより外し、アースラインのネジを外してあります。

 
高周波音が出ていた原因に当たるコンデンサです。

50V47ufになります。

これの容量抜けによりトランスに負荷がかかり高周波音が出ているようです。

また数台の電源を直しましたが、このコンデンサ不良により電源が入らなくなる場合もありました。
  

外した問題のコンデンサ 

完全に電解液が漏れて ダメになっています。
  

交換したコンデンサたちですが、大きいのは替える必要はありませんが

安く入手できたのでついでだから交換しました。

  

電源部の修理が終われば後は戻すだけです。

スライド式金具にきを付けてまっすぐ、マザーボードを戻します。  

作業後、電源が入らない CDROMが認識しないなどの症状が出たら

マザーボード抜き差しをしキッチリコネクタに入れてあげてください。

 

側面パネルにこのような押さえがありますので、スライドして挿入し

軽く叩き各パネルの爪を固定してあげてください。

外したリセットスイッチの配線を忘れずに戻して下さい。

 

SCSIとプリンターポートの固定金具は起こした状態で、背面パネルを取り付けます。

気をつけない状態で、取り付けると破損するばかりか パネルがきちんと固定できませんので、再度パネルの取り外しが必要になります。 
   
また100%電池が切れていますので

 時計およびHDD構成を忘れてしまっています。

CDROM背部に電池BOXがありますのでつまんで外してください。



 
内部に時計用の電池と設定保持用の2個の電池が入っていますので。

電池BOXなりに付け替えて交換して下さい。

電池にそのままハンダ付けするようなタブーはおすすめできません。

配線の鉄板は電池に溶接されてます。

電池を採用している機種は20F以降の機種になります。

配線を変更してボタン電池1個にするのもよし、

容量の大きい2340を2個に変更するのもよしと言ったところです。

また、初代および2Fモデルは充電式バッテリーを採用しています。

これらの充電式バッテリー採用モデルは液漏れが発生し

CDROM背部基板のコネクタまで腐食させている場合が多いのでこの際は、

全バラを行いコネクタ部の交換まで行う必要が出てきますし、

バッテリーが非常に高価で2500円ぐらいします。

HDDは使わない 時計ずれてても構わないと言った使い方をされる場合以外は、

メンテナンス費用がかさみます。

FM TOWNS CX100 メンテナンス はコメントを受け付けていません。

7月 13 2015

PC-8801 MC バッテリー液漏れ被害

Published by under 未分類

   
 
裏パターンが激しくやられてる

同じ感じでVAも高確率でパターン腐食してる場合が多い

PC-8801 MC バッテリー液漏れ被害 はコメントを受け付けていません。

7月 13 2015

PC-8801 MC 解像度 メモ

Published by under 未分類

起動時にF8 F9にて15KHz 24KHz切り替え

MAなどのジャンパー無しモデルも同様

またバッテリー上がり時にピーーというビープ音、青画面警告表示

PC-8801 MC 解像度 メモ はコメントを受け付けていません。

1月 31 2015

PCエンジンDUO

Published by under 未分類

RGBコネクタが腐食で接触不良を起こすので交換

石周りはこんな感じ

20150131-224032.jpg

PCエンジンDUO はコメントを受け付けていません。

1月 31 2015

DO+さん

Published by under Computer

DO+にSC-98改を載せscsi化
sasiインターフェイスにアクセスランプを接続しているのでパネルのHDDランプも点灯するように配線

SASIインターフェイスの1ピンがLED+ 50ピンが-になります。

それ以外は通常のSASIとピン配列は同じになりますので変換番長をそのまま接続すれば、HDDとして動作はしますが、LED点灯は致しませんので

オスメス延長ケーブルを作成し配線する必要があります。

20150131-223814.jpg

DO+さん はコメントを受け付けていません。

10月 28 2014

SCSI SASI変換機 変換番長の固定

Published by under Computer

SSD金具に変換番長を固定してみた

基板の固定用穴は5mm
(穴3mm+ランド1mm)で
作製されているため
スペーサーは5mmの物が好ましい
またAT機用に多い6mmのものだと
コネクタ側に接触するのでNG

スペーサー5mm径 ネジM3 4mm頭がちょうどいい感じ

20141028-004057.jpg

20141028-004117.jpg

SCSI SASI変換機 変換番長の固定 はコメントを受け付けていません。

10月 17 2014

X68000 電源種別

Published by under Computer

一応今わかっている電源種別リスト

初代 独自電源  HDDコネクタなし FDDコネクタが異なる場合あり

PRO 独自電源 SH4電源のばあもあり(背面から確認可能) 3ピンHDDコネクタ

PRO HD 独自電源 4ピンHDD用コネクタ

PRO2 独自電源 SH4電源のばあもあり

ACE SH2電源 HDD用コネクタなし

ACE HD SH3電源 4ピンHDD用コネクタ

EXPERT SH4電源 3ピンHDD用コネクタ

EXPOERT2 SH4電源 3ピンHDD用コネクタ

SUPER SH4電源 3ピンHDD用コネクタ

XVI SH4電源 3ピンHDD用コネクタ

030 SH4電源 3ピンHDD用コネクタ

 

EXPERT以降はHDDなしモデルありモデルも電源は同様

ACE / ACE HDは電源が異なる

HDDなしモデルは右タワーにハイレゾ表記 HDDありモデルは右タワーにHDDアクセスランプ(EXPERT以降同様)

初代以外 4級コンデンサ使用のため動作していても早期のメンテナンスが必要、

動くからといって使用するとコンデンサ電解液漏れがひどくなり修理不可になる可能性大

 

PRO2/PRO2HD  未調査

X68000 Compact 未調査

X68030 Compact 未調査

 

 

X68000 電源種別 はコメントを受け付けていません。

10月 06 2014

X68000 SRAM完全初期化

Published by under Computer

ACEやEXPERTなどSASI機種では
CLRキー電源投入でSRAMは削除できない

SxSIを削除しようとしたがSRAM_CLR.Xではプログラム領域のみの削除となり
完全には綺麗にならない

再起動後
エラーが発生しました、リセットして下さい。
のエラーがでていつもの
ディスクから起動できません
正しいディスクをセットして下さい

にならない

Cコンパイラ(無償公開)に含まれるDB.Xを起動し

mes e8e00d 31
mes ed0000 00
mes e8e00d 00

の3行を入力しリセットにて復活

書き込み禁止レジスタ解除して
ED0000 からに00うめしてるのかな?

X68000 SRAM完全初期化 はコメントを受け付けていません。

9月 02 2014

PC-9801 RA21 いつものゴミ

Published by under Computer

FDD内部からヘッドノイズカバーを破棄
これいつもスポンジが劣化して外れてる ノイズ対策に必要ぽいけど
無くても問題なく動く
ロットによっては20年以上経過してるけどちゃんと張り付いてるのもある

20140902-230815.jpg

PC-9801 RA21 いつものゴミ はコメントを受け付けていません。

Next »